Doorkeeper

Oracle Database入学式 2024 – 保護者の方もご一緒に

2024-03-19(火)19:00 - 21:00 JST

株式会社インターネットイニシアティブ本社13階会議室「Opera1」

東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

申し込む
参加費無料
申込締切 3月17日 19:00
開場および受付開始は 18時30分です。
あと27人参加できます。

詳細

これから新しくOracle Databaseを学びたい方向けの非常に初歩的な内容をセミナー形式で行うイベントです。
「Oracle Databaseのこと、知らなかった」をコンテキストに、ご参加いただけると幸いです。

式次第

Introduction of Oracle Database Architecture - 渡部 亮太

“技術の仕組みを学ぶことは、技術の理解を深めるための近道です。
Oracle Databaseのアーキテクチャを学び、Oracle Database学習の高速道路に乗りましょう!”

Oracle Databaseを学ぶ理由

世界および国内において販売金額ベースで50%近いシェアを持つ商用RDBMS製品であることに触れながら、Oracle Databaseを学ぶべき理由を説明します。

OracleアーキテクチャとSQL処理

SQL処理の流れを説明しながら、Oracleアーキテクチャの構成要素の役割を概説します。

データとファイルI/O

データベースに格納されたデータが、ファイルにどのように格納されているか、ファイルから取り出したデータはどうなるかを説明します。

テーブル、索引と実行計画

テーブルと索引の構造を説明し、実行計画に応じてこれらがどのように使われるかを説明します。

オプティマイザ統計

実行計画の作成において、オプティマイザ統計がどのような役割を持つのかを説明します。

データベースバッファキャッシュ

データベースバッファキャッシュのキャッシュ効果を説明します。

SQLの解析と共有プール

共有プールの役割と、SQL解析処理を効率化できる考え方について説明します。

ソートとPGA、一時表領域

データをソートするための2つの作業領域とその違いについて説明します。

まとめ

参考

本イベントのより詳細は Oracle Database入学式 2024 – 保護者の方もご一緒に | Japan Oracle User Group (JPOUG) をご覧ください。
Oracle Databaseの中上級者や他のRDBMSでの経験を含む熟練技術者の方々は、Oracle Databaseの初心者の方々をお誘いいただき、同伴の上でご参集ください。
当イベントの紹介をしてくださった方と共に参加も歓迎します。
複数人で参加される場合は、代表者一人申し込みではなく、ひとりひとり個別に申込みされたうえで一緒に会場へいらしてください。

順路

当日は飯田橋グラン・ブルーム 2階のIIJ本社受付 へ お越しください。2階のIIJ本社受付周辺にて入館証をお渡しします。その入館証をセキュリティゲートのセンサーにかざして通過後、エレベーターで13階に上り、掲示物に記載された順路の案内に従って、会議室「Opera1」へお越しください。

注意

参加者の安全と安心の観点から、当日、体調がすぐれないと感じられた方は、来場をお控えください。

コミュニティについて

Japan Oracle User Group (JPOUG)

Japan Oracle User Group (JPOUG)

Oracle Databaseを中心にMySQLやJavaなどのオラクル製品およびサービスはもちろんIT関連技術全般にわたる様々な情報を交換することを活動とするグループです。 ホームページ:http://www.jpoug.org/ Facebookページ:http://www.facebook.com/jpougfan

メンバーになる